logo

エプソン、中小型液晶の事業資産をソニーに一部譲渡

加納恵(編集部)2009年06月30日 16時05分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 セイコーエプソンとソニーは6月30日、エプソンイメージングデバイスが有する中・小型液晶に関する事業資産の一部を、ソニーモバイルディスプレイ(SMD)に譲渡することを正式発表した。

 2009年内に、当該事業に関するエプソンイメージングの営業機能をソニーグループへと引き継ぎ、2010年4月1日付けで生産関連の資産の一部をSMDへと譲渡する予定とのこと。

 譲渡されるのは、エプソンイメージングが持つ鳥取県鳥取市のアモルファスシリコンTFT液晶の生産に関する建物、設備のほか、高温ポリシリコンTFT液晶などを除く、中・小型TFT液晶ディスプレイの特許、ソフトウェア、技術情報などの知的財産となる。

 また、中・小型TFT液晶ディスプレイの開発、設計、製造等に従事するエプソングループの一部従業員はソニーグループへの出向という形になるという。

 ソニーでは、高精細低温ポリシリコンTFT液晶に加え、中・小型TFT液晶ディスプレイの営業力、技術力、商品設計力とアモルファスTFT液晶の生産力を最大限にいかし、中・小型TFT液晶ディスプレイ事業を強力に推進していく、としている。

-PR-企画特集