バンダイ、コミュニケーションロボット「Myドラえもん」を3万1500円で発売

永井美智子(編集部)2009年06月25日 18時19分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 バンダイは、コミュニケーションロボット「Myドラえもん」を9月3日に発売する。アニメ「ドラえもん」の放送30周年を記念したもので、価格は3万1500円だ。なお、9月3日はドラえもんの誕生日にあたるという。

 大きさは全高約16.5cm。赤外線、近接センサ、光センサ、音響センサ、温度センサが7カ所に搭載されており、状況に合わせた反応をする。それぞれのセンサからの情報を複合して解析し、ユーザーの方を向いてしゃべったり、話に合わせたリアクションをしたりするという。

Myドラえもん 「Myドラえもん」(c)藤子プロ、小学館、テレビ朝日、シンエイ、ADK

 音声認識はしないが、ドラえもんが話しかけたときのユーザーの反応の違いにより話す内容を変えて返答する「スキットシステム」を搭載。ドラえもんのセリフは1300以上収録されているとのこと。

 また、目の部分にはペーパー液晶を搭載。話す内容に合わせて目の表情が変わり、喜怒哀楽を表現するという。バンダイによれば、ペーパー液晶を搭載した玩具は初めてとのことだ。アニメの世界観も再現しており、おなかにある「四次元ポケット」を開けると、アニメでひみつ道具が登場する時の効果音が流れ、ひみつ道具の名前を言ったり、しっぽを引くと本体の機能が停止したりする。このほか、両手のボタンを同時に押すと「どこでもドア」登場時の効果音と、どこでもドアの行き先をイメージした効果音が流れる。

 30代の男女を主なターゲットとしており、全国の雑貨店や百貨店、量販店、インターネット通販などで販売する。2009年末までに1万個販売する計画を立てている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加