logo

フォトレポート:HPはここから始まった--創業時代の小さなガレージ

文:CNET News Staff 翻訳校正:川村インターナショナル2009年06月25日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 1938年、David Packard氏とWilliam Hewlett氏は、それぞれGeneral Electric(GE)での勤務とマサチューセッツ工科大学(MIT)での研究から戻った後、スタンフォード大学の教授であった恩師Fred Terman氏の激励を受けて、現在シリコンバレーとして知られている地区に会社を設立する場所を探しに行った。家主の女性に「あの子たち」と呼ばれていた両氏は、何でもやるという現在では有名となったビジネスモデルで事業を始めた。もちろん、その後両氏が販売することになる製品だけは含まれていなかったが。

 しかし、最終的には、すでに確立されていた製品であるオーディオ発振器に決めたが、それを改良し、ほかのベンダーより大幅に低い価格で売ることができるようにした。安くできた理由の1つは、カリフォルニア州パロアルトにあるPackard氏のガレージで、自分たちで作ったからだ。

 Hewlett氏とPackard氏が創業したHewlett-Packard(HP)は、すぐに利益が出るようになり、同社がガレージにあったのはたった18カ月ほどだった。Packard氏が妻と住んでいた正面の家と、独身だったHewlett氏が住んでいた裏の小屋、そしてガレージ自体は、現在HPが所有しており、「シリコンバレー発祥の地」として、米国家歴史登録財に指定されている。

 この写真に写っているのは本物の「HP 200B」オーディオ発振器だが、ガレージに置かれているものはすべて、HPのアーキビストによって再現されたものだ。このHP 200Bはオーディオ発振器の2番目のモデルで、先行モデルの「HP 200A」は、これよりもはるかに希少である。

 1938年、David Packard氏とWilliam Hewlett氏は、それぞれGeneral Electric(GE)での勤務とマサチューセッツ工科大学(MIT)での研究から戻った後、スタンフォード大学の教授であった恩師Fred Terman氏の激励を受けて、現在シリコンバレーとして知られている地区に会社を設立する場所を探しに行った。家主の女性に「あの子たち」と呼ばれていた両氏は、何でもやるという現在では有名となったビジネスモデルで事業を始めた。もちろん、その後両氏が販売することになる製品だけは含まれていなかったが。

 しかし、最終的には、すでに確立されていた製品であるオーディオ発振器に決めたが、それを改良し、ほかのベンダーより大幅に低い価格で売ることができるようにした。安くできた理由の1つは、カリフォルニア州パロアルトにあるPackard氏のガレージで、自分たちで作ったからだ。

 Hewlett氏とPackard氏が創業したHewlett-Packard(HP)は、すぐに利益が出るようになり、同社がガレージにあったのはたった18カ月ほどだった。Packard氏が妻と住んでいた正面の家と、独身だったHewlett氏が住んでいた裏の小屋、そしてガレージ自体は、現在HPが所有しており、「シリコンバレー発祥の地」として、米国家歴史登録財に指定されている。

 この写真に写っているのは本物の「HP 200B」オーディオ発振器だが、ガレージに置かれているものはすべて、HPのアーキビストによって再現されたものだ。このHP 200Bはオーディオ発振器の2番目のモデルで、先行モデルの「HP 200A」は、これよりもはるかに希少である。

提供:Daniel Terdiman/CNET

 1938年、David Packard氏とWilliam Hewlett氏は、それぞれGeneral Electric(GE)での勤務とマサチューセッツ工科大学(MIT)での研究から戻った後、スタンフォード大学の教授であった恩師Fred Terman氏の激励を受けて、現在シリコンバレーとして知られている地区に会社を設立する場所を探しに行った。家主の女性に「あの子たち」と呼ばれていた両氏は、何でもやるという現在では有名となったビジネスモデルで事業を始めた。もちろん、その後両氏が販売することになる製品だけは含まれていなかったが。  しかし、最終的には、すでに確立されていた製品であるオーディオ発振器に決めたが、それを改良し、ほかのベンダーより大幅に低い価格で売ることができるようにした。安くできた理由の1つは、カリフォルニア州パロアルトにあるPackard氏のガレージで、自分たちで作ったからだ。  Hewlett氏とPackard氏が創業したHewlett-Packard(HP)は、すぐに利益が出るようになり、同社がガレージにあったのはたった18カ月ほどだった。Packard氏が妻と住んでいた正面の家と、独身だったHewlett氏が住んでいた裏の小屋、そしてガレージ自体は、現在HPが所有しており、「シリコンバレー発祥の地」として、米国家歴史登録財に指定されている。  この写真に写っているのは本物の「HP 200B」オーディオ発振器だが、ガレージに置かれているものはすべて、HPのアーキビストによって再現されたものだ。このHP 200Bはオーディオ発振器の2番目のモデルで、先行モデルの「HP 200A」は、これよりもはるかに希少である。

-PR-企画特集