e-まちタウン、テイクアンドギヴ・ニーズ子会社の総合生活と資本・業務提携

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 e-まちタウンは6月22日、テイクアンドギヴ・ニーズの子会社である総合生活との資本業務提携を発表した。総合生活が実施する第三者割当増資のすべてをe-まちタウンが引き受け、総合生活はe-まちタウンの連結子会社となる。

 総合生活は、結婚や結婚周辺市場のインターネットメディア事業を軸に、ユーザー同士のコミュニケーションを重視したポータルサイト「結婚準備室」を運営している。

 一方のe-まちタウンは、全国315エリアの地域ポータルサイトを運営するほか、モバイルを中心としたインターネットメディア広告事業などを展開している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加