logo

D2Cの「iアバター」がmixiアプリモバイルに登場

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ディーツー コミュニケーションズ(D2C)は6月17日、NTTドコモのiモードで提供しているアバターサービス「iアバター」を、ミクシィがソーシャルネットワーキングサービス(SNS)「mixi」で開始予定のアプリケーションサービス「mixiアプリ」上でも展開すると発表した。

 iアバターは、iモード上でユーザーが無料でアバターを作成できるサービス。D2Cのパートナー企業が運営するサイトでもアバターを利用できる。

 また、mixiアプリは、ユーザーのつながりに関する情報を活用したアプリケーションをmixi上で提供できるサービス。現在オープンβ版が公開されており、開発者に対して技術仕様と実行環境が提供されている。正式版はPC版が8月、モバイル版が9月に始まる予定だ。

 今回、D2Cが提供する予定の「mixiアプリ版 iアバター」では、アバターの作成や着せ替えなどができる。また、アバターAPIを公開することで、ほかのmixiアプリとも連携する考えだ。サービス開始は9月となっている。

mixiアプリ版 iアバター 「mixiアプリ版 iアバター」の画面遷移

-PR-企画特集