logo

ビクター、薄型軽量の業務用ディスプレイに広色度域を実現した「GD-42X1」を追加

加納恵(編集部)2009年06月15日 12時55分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本ビクターは6月15日、薄型軽量の業務用モニターにデジタルカメラ画像再現などに適した42型の「GD-42X1」を追加した。6月に発表された超薄型モニター「GD-32X1」とあわせ、「XIVIEW」(サイビュー)シリーズとして展開していく。7月上旬に発売する。価格はオープンだが、参考価格は35万円前後。

 GD-42X1は、奥行き42.5mm、重量12kgの液晶モニター。sRGB色空間のカバー率100%、AdobeRGB対応カバー率96%という広色度域を持ち、デジタル一眼レフカメラで撮影した写真データの鮮やかな色彩、微妙なニュアンス、独特の雰囲気を忠実に再現するという。

 本体には、デジタルサイネージ用、監視用(HDモード)、監視用(SDモード)、デジタル一眼レフ写真用、医療参照用、モニター用と6つの画像モードを搭載。加えて、52項目の画質調節機能を装備し、入力ソースや再生機器ごとの異なる特性に対応できるとのことだ。

 あわせて、GD-42X1から「ハードキャリブレーション」機能を省いた民生用モデル「LT-42WX70」もラインアップした。発売日、価格、外観デザインは業務用と同様になる。

「XIVIEW GD-42X1」 「XIVIEW GD-42X1」

-PR-企画特集