logo

富士フイルム、液晶に触って撮影できる「タッチショット」を装備「FinePix Z300」

エースラッシュ2009年06月11日 19時49分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 富士フイルムは6月11日、世界で初めて液晶に触れるだけで撮影できる「タッチショット」搭載のコンパクトデジタルカメラ「FinePix Z300」を発表した。6月20日に発売する。

 FinePix Z300は、3型のワイドタッチパネル液晶に映る被写体に指先で触れると、自動でピントを合わせてシャッターが切れる「タッチショット」を搭載したコンパクトデジタルカメラだ。記録した画像を指先でドラッグ&ドロップすることで、2枚から5枚までの画像を組み合わせて1枚の画像を作成する「レイアウトフォト」、画像を簡単にフォルダ分けできる「フォルダ管理」などの機能も備える。

 本体サイズは高さ56.5mm×幅92.0mm×奥行き18.5mm、重量は付属バッテリとメモリーカード含む状態でも約150gと軽量コンパクトだ。有効画素数は1000万画素で、光学5倍ズームレンズやCCDシフト方式の手ブレ補正機構を搭載している。また、マクロ撮影時も自然な明るさが得られる独自開発の「スーパーiフラッシュ」、撮影シーンを6種類から自動で判断する「シーンぴったりナビ」、「正面の顔」「横顔」や「斜め顔」だけでなく「上下逆向きの顔」を含む最大10人までの顔検出が可能な「顔キレイナビ」を搭載。高速赤外線通信(IrSimple/IrSS)にも対応する。

 記録媒体は約31Mバイトの内蔵メモリおよび、SD/SDHCメモリーカードに対応。カラーはピンクゴールド、ホワイト、パープル、ブラックの4種類で、店頭想定価格は4万円前後になる見込みだ。

「FinePix Z300」 「FinePix Z300」

-PR-企画特集