「Firefox」アドオン--タブの管理に便利な12種

文:Don Reisinger(Special to CNET News) 翻訳校正:川村インターナショナル2009年06月16日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「Firefox」のタブで、ウェブサーフィンははるかに簡単になる。しかしタブを管理するのはそれほど単純ではない。そこで、タブの管理に役立つFirefoxアドオンを12種紹介する。

12のタブ管理ツール

「Duplicate Tab」を使用すると、タブの履歴をコピーして、その同じタブをブラウザで開くことができる。 「Duplicate Tab」を使用すると、タブの履歴をコピーして、その同じタブをブラウザで開くことができる。
提供:Screenshot by Don Reisinger/CNET

 Duplicate Tab:「Duplicate Tab」アドオンを使用すると、タブの履歴をコピーして、その同じタブをブラウザで開くことができる。ウィンドウの統合も可能で、Firefoxの複数のインスタンスのタブを1つのウィンドウにまとめることもできる。

 Firefox Showcase:「Firefox Showcase」を使用すると、複数のタブを1つの新しいウィンドウ、サイドバー、または新しいタブにサムネイルとして表示することができる。別のウィンドウやタブで表示すれば、フルサイズで表示することなくサイトの内容を見ることができる。多数のタブを開いている場合は、タブのフィルタリングもできるため目的のタブをよりすばやく見つけることができる。とても便利だ。

 FoxTab:「FoxTab」は、今回紹介する中で一番クールなFirefoxアドオンだ。FoxTabは、Appleの「Cover Flow」のように、タブを3Dで表示する。タブをめくるように切り替えたり、グリッドで表示したり、1つずつ分けて見たりすることができる。タブのどれかをクリックすると、そのタブが前面に表示される。

 LastTab:Firefoxでは、Ctrl+Tabキーで、タブ間を左から右へ移動することができる。しかし「LastTab」を使用すると、そのCtrl+Tabキーで、最後にアクセスしたタブに切り替わるようになる。この変更は単純なものだが、開いている多数のタブのうち少数のタブの内容だけを参照したいときには極めて便利だ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加