地域の安全情報をデジタルサイネージに配信--COMEL「福岡街メディア」にて

新澤公介(編集部)2009年06月03日 18時47分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソフトバンクグループのCOMELは6月3日、同社が運営するデジタルサイネージ「福岡街メディア」にて、福岡県警察の「ふっけい安心メール」を配信すると発表した。同日より運用を開始している。

 ふっけい安心メールとは、福岡県警察本部および警察署が運用している、犯罪の発生情報や解決情報、注意喚起などを配信するサービスだ。PCまたは携帯電話から登録したユーザーに対し、メールで情報を提供する。

 今回発表されたサービスでは、このふっけい安心メールの内容をデジタルサイネージへ配信することで、メール登録者以外にも犯罪情報をリアルタイムで提供する。これにより、地域全体の防犯意識を高めることを目的としている。配信エリアは6月3日時点で、中央警察署管内「唐人町商店街」と「大手門商店街」内に設置してあるディスプレイ。順次福岡県内の各警察署エリアに拡大していくとしている。

 福岡街メディアは、COMELが2008年10月より実施しているデジタルサイネージを利用したメディアだ。福岡市内の交通機関やコンビニエンスストア、大型商業施設などを中心に500カ所に設置されている。

「ふっけい安心メール」の表示画面 「ふっけい安心メール」の表示画面
  • このエントリーをはてなブックマークに追加