「iPhone 3G」、小売店の在庫が大幅減少か--米報道

文:Elinor Mills(CNET News) 翻訳校正:編集部2009年06月02日 11時41分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「iPhone 3G」の小売店での在庫が、著しく減少している。

 AppleInsiderによれば、Best Buyは向こう数週間で、iPhoneの在庫が大幅に減少すると予測しているという。Best Buyの経営部門から販売担当従業員に配付されたメモによると、同社店舗へのiPhone 3G在庫の流れは、ほぼ完全にストップするという。一部の店舗では、iPhone 3Gの在庫が完全に底をつく可能性もある。

 先週の報道によると、通信キャリアにiPhone 3Gを提供するオーストラリアのディストリビューターは「数週間分の在庫しかない」と話したという。

 これは、2008年7月のiPhone 3G発表を前にして、小売店で第1世代iPhoneの在庫が減少しはじめたときの状況に、よく似ている。Appleは前回、おそらく少し早すぎる時期に、生産の縮小を開始してしまったのだろう。その結果として、2008年第2四半期にはiPhoneの販売は非常に低調であった。

 2009年は、2008年よりも1カ月遅れて、iPhoneの在庫減少が発生している。これはおそらく、Appleが同社のiPhoneの生産終了プロセスを最適化したことを示唆しているのだろう。

 もちろん、来週のWorldwide Developers Conference(WWDC)で皆が期待していることも示唆しているはずだ。すなわち、新しいiPhoneのハードウェアと、それに対応する新しい「iPhone OS 3.0」ソフトウェアに関する発表だ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事をシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。 原文へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加