logo

ASUS、「Android」搭載Eee PCを公開--プロセッサは「Snapdragon」

文:Brooke Crothers(CNET News) 翻訳校正:編集部2009年06月02日 12時01分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Qualcomm製プロセッサとGoogleの「Android」OSを搭載したEee PC製ネットブックなら、Intel製「Atom」プロセッサとMicrosoftの「Windows」を搭載した多くのネットブックの代わりとなり得る。

 ASUSTeK Computerは、Qualcommの「Snapdragon」プロセッサ上でAndroid OSを稼働するネットブックを台北で開催のカンファレンスComputexで公開している、とTweakTownが報じている。

 QualcommのSnapdragonプロセッサをベースとした同ネットブックの出荷時期は明確になっておらず、ASUSも計画を発表していない(2009年後半だろうか?)。しかも、GoogleのAndroid OSが搭載されるとなると、さらに時期は分からなくなる。NVIDIA幹部のMichael Rayfield氏は、Android搭載ネットブックが市販されるのは2010年以降と予測している。

 一方、明確なのは、これらネットブックがWindowsおよびIntel製品搭載機とは異なるということだ。Qualcommは、これらのマシンをネットブックではなく「スマートブック」と呼ぶ。3G接続を標準搭載し、常時接続や終日持つバッテリ寿命を可能にする点がむしろスマートフォンのようであるとして、関心を集めようとしているのである。

 ComputexにおけるASUSのデモで興味深いのは、現行の同社ネットブックはすべてIntel製プロセッサを稼働している点だ。ASUSは、Snapdragonは非常に異なる技術のため、設計が別になることは確実と明らかに考えている。

 このネットブックの他の仕様として、10インチのスクリーン、内蔵ウェブカム、各国で使用される全周波数でUMTSおよびCDMAネットワークをサポートするユニバーサルな3G接続が装備される点をIDG Newsは伝えている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事をシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。 原文へ

-PR-企画特集