説明しなくてもよさが伝わる端末を目指す--富士通、2009年夏モデル携帯電話

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 富士通は5月25日、NTTドコモより発売する携帯電話、2009年夏モデル「F-09A」と「F-08A」の説明会を開催した。

 同社の携帯電話は“ハイスペック×スライドヨコモーション”のF-09Aと、“極上・ビューティーウォータープルーフ+erikonail*コラボ”のF-08Aだ。ユーザーにわかりやすいよう、5秒以内で言えるキャッチフレーズを付けた。これまで「十分説明しないと良さがわかってもらえなかった」とし、その反省からきているという。

左から常務理事 モバイルフォン事業本部 副部長の大谷信雄氏、取締役副社長の富田達夫氏、エリコネイル代表取締役社長の黒崎えり子氏、モバイルフォン事業本部長 経営執行役の佐相秀幸氏 左から常務理事 モバイルフォン事業本部 副部長の大谷信雄氏、取締役副社長の富田達夫氏、エリコネイル代表取締役社長の黒崎えり子氏、モバイルフォン事業本部長 経営執行役の佐相秀幸氏

 両機種の機能には共通点が多いが、高機能を特長とする「PRIME」シリーズに属するF-09Aは、スライドボディに加えて大型の3.4型液晶を90度回転できる構造となっている。画面はタッチパネルとなりカメラも810万画素。「STYLE」シリーズのF-08Aは防水性能をさらに強化し、水中撮影を可能にした。

 F-08Aではカリスマネイリストで全米ネイリストランキング第1位になった黒崎えり子さんとコラボした「Beauty Pink」を用意。黒崎氏は発表会にも登場し、ピンク色の微妙な色合いを決定するまでの苦労などを披露した。

 両機種とも共通の特長の1つはカメラ機能だ。富士通のデジタルカメラ用の画像処理エンジン「Milbeaut」を携帯電話向けに最適化した「Milbeaut Mobile」を搭載している。発表会では実際に笑顔になった瞬間を検知してシャッターを切るしくみのデモンストレーションなどが行われた。

 富士通の取締役副社長の富田達夫氏は2008年度を振り返り、「携帯電話市場は世界不況に先行する形で料金制度の改訂があり、非常に厳しい年度だった」と話した。「市場そのものが約30%減、2009年度も好転してないのが実態」と厳しい現状を語る。また、市場全体の落ち込みもあり「数字は前年よりも落ちたが、シェアを上げた」とした。

 今後について、「魅力ある製品を出すことで購買意欲をあおり、不況を打破していければ」と抱負を述べた。富士通製携帯電話の主要製品である「らくらくホン」とあわせ、2009年度は460万台の出荷を維持してくとしている。

 また、モバイルフォン事業本部長 経営執行役の佐相秀幸氏は携帯電話市場について、「決して下を向くような市場ではない。サービスがどんどん花開いていくという認識のもとで、端末事業を頑張っていく」とし、端末のデザインに力を入れていくこと、「富士通のケータイは説明を聞くとよさがわかる」というイメージを払拭し、5秒でわかる端末という点を重視するとした。

F-09Aを手にするCMキャラクターの瑛太氏 F-09Aを手にするCMキャラクターの瑛太氏

 5月27日から放映されるテレビCMに出演している瑛太氏が登場。CM撮影のエピソードが披露された。

 CMは3種類あり、「宣言編」では、さまざまな職業の人の手のひらをアップにし、最後に瑛太氏の手をアップにしながら富士通の携帯電話の先進性をアピールするという。「スタジオ編」では瑛太氏と黒い犬が共演、瑛太氏による動物の鳴きまねなども織り込まれた楽しいものに仕上がっている。

 「ビューティー編」は防水のF-08Aをアピールする内容で、瑛太氏と女性が水に浸かり、濡れた女性の姿をF-08Aで撮影するというシーンを再現している。

 発表会場に登場した瑛太氏は、「F-09A」のスライドヨコモーションを試しながら「すごいですよね。どうなってるんだろうなぁ……」と感想を述べ、機能面ではレインボーイルミネーションがお気に入りだとアピールした。

携帯電話市場は、機器よりもサービスの比率が増えると予想 携帯電話市場は、機器よりもサービスの比率が増えると予想
2011年にはLTEに対応を予定、富士通の携帯電話事業は今後も進化していくという 2011年にはLTEに対応を予定、富士通の携帯電話事業は今後も進化していくという
  • このエントリーをはてなブックマークに追加