logo

オーディオテクニカ、低域表現を追及したインナーイヤーヘッドホン3製品を発売

エースラッシュ2009年05月22日 16時59分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 オーディオテクニカは5月22日、低域表現を追及したインナーイヤーヘッドホン3製品を発表した。6月19日に発売される。

 発売されるのはダイナミックインナーイヤーヘッドホンが「ATH-CKS70」と「ATH-CKS50」、そしてネックストラップ型のインナーイヤーヘッドホンが「ATH-CK300NS」のラインアップとなる。

 ATH-CKS70とATH-CKS50には、いずれも低域表現を追求したソリッドベースシステムを搭載。イヤーピースの装着位置を2段階に調整できる新開発の「2ポジションポスト」により、高い遮音性と低音表現の向上を実現したという。ドライバは直径12.5mmで、台座をなくすことで力強いサウンドと軽量化を両立するダイレクトダイアフラムマウント方式を採用している。

「ATH-CKS70」 「ATH-CKS70」

 ATH-CKS70は強磁力マグネットとCCAWボイスコイルでさらなる高音質化を図ったとのこと。ポータブル機器に適した高弾性エラストマーシース1.2mコードとL型プラグも採用している。付属品はキャリングポーチおよび4種類のイヤーピース(XS/S/M/L)で、カラーはATH-CKS70がブラックのみ、ATH-CKS50がブラックとホワイトの2種類。希望小売価格についてはATH-CKS70が8925円、ATH-CKS50が5040円となっている。

「ATH-CKS50」 「ATH-CKS50」
「ATH-CK300NS」 「ATH-CK300NS」

 ATH-CK300NSは、手元で音量調整ができるボリュームコントローラー付きのネックストラップ型インナーイヤーヘッドホンだ。ストラップ部分はレザー調仕上げになっているほか、過度な力が加わるとネックストラップが外れるセーフティ機構、ヘッドホンのぶらつきやケーブルの絡みを防止するスライド式のコードホルダー、ポータブルオーディオ本体を吊り下げられる着脱式ストラップなどを装備。新開発の直径8.8mmドライバで高品位なサウンドも実現している。イヤーピースは4種類(XS/S/M/L)が付属し、カラーバリエーションはブラック、レッド、ホワイトの3色展開。希望小売価格は3675円となっている。

-PR-企画特集