ビクター、「Everio X」をラインアップ--リアル9メガ静止画撮影を実現

加納恵(編集部)2009年05月21日 17時39分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本ビクターは5月21日、デジタルビデオカメラ「Everio」シリーズにおいて、最上位機種にあたる「Everio X GZ-X900」(GZ-X900)を発表した。重量250gのボディに1023万画素のCMOSセンサーを搭載する。発売は6月上旬から。価格はオープンだが店頭想定価格は12万円前後となる。

 GZ-X900は、動画と静止画ともに高画質を追求したという、Everioの最上位モデル。総画素1023万画素の1/2.33型CMOSセンサーを内蔵し、900万画素の静止画撮影、解像度1000TV本以上のフルHD動画撮影を実現する。

 取締役カムコーダー事業部長の堀伸生氏は「デジタルビデオカメラとデジタルスチルカメラの1台2役を本当の意味で実現したカメラ」とコメントした。

 撮影形式は最高24MbpsのAVCHDを採用。独自の高画質映像処理エンジン「HD Gigabrid Premium II」を内蔵することで、描写力を向上させているという。

 フルHD解像度による動画撮影、静止画撮影のほか、600fps、300fps、120fpsによる「スーパースローモーション」撮影機能、0.067秒で撮影できる「高速連写」機能も内蔵。レンズの入り口から手ブレを抑える「光学手ブレ補正システム」を採用することで、高画質撮影を維持したまま手ブレを補正するとのこと。

 本体には、YouTubeへのアップロードボタンのほか、iTunesへのエクスポートボタンも搭載し、撮影した映像をモバイルプレーヤーに転送することも可能。USBケーブル接続で、DVDライターやパソコン、Blu-ray Discドライブなどへ撮影映像を保存することもできる。

 記録メディアにはSD/SDHCカードを採用。2.8型の液晶モニタを備える。ボディカラーはブラックのみ。グリップ部にカーボンパターンを施したほか、メタルフレームを配した。

 GZ-X900は、国内家庭向け製品としては初となる「JVC」ブランドとして展開される。日本ビクターでは「今後、新しいコンセプト持った製品にJVCブランドを採用していく」とコメントしており、同機がその第1弾モデルとなる。

 また、同日には日本ビクターのプロモーションキャラクターにタレントのベッキーさんを起用することも発表。GZ-X900を皮切りに、雑誌広告やスペシャルサイトなどでアピールしていくという。

Everio X GZ-X900 「Everio X GZ-X900」
カムコーダー事業部長の堀伸生氏とプロモーションキャラクターのベッキーさん カムコーダー事業部長の堀伸生氏とプロモーションキャラクターのベッキーさん
  • このエントリーをはてなブックマークに追加