2008年度上期の「スーパークリエータ」が発表、認定は12名

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)は5月18日、「未踏IT人材発掘・育成事業」において2008年度上期に採択した35件の中から、特に優れた成果を収めた12名を「スーパークリエータ」として認定したと発表した。

 未踏IT人材発掘・育成事業は、特にソフトウェア関連分野の次世代を担う、イノベーションを創出できるような独創的なアイデアと技術、それらを活用する能力を持つ突出した若い人材を、優れた能力と実績を持つプロジェクトマネージャー(PM)のもとに発掘し、育成するというもの。

 今回認定されたのは以下の12名だ。

  • 未踏本体
    • 山田浩之氏:「全文検索エンジンLuxの開発」
    • 長井啓友氏:「パターンマッチング向けデータベースシステムの開発」
    • 西川玲氏:「手書き作図インタフェースの開発〜Draw anywhere in the same way〜」
    • 北山朝也氏:「リビングにネットコンテンツを届けるDLNAサーバソフトウェア『coRockets』の開発」
    • 木浦幹雄氏:「Webサイト閲覧中のユーザ行動を可視化する」
    • CHEN HAN. LONG.DOMINIQUE(チェン ハンロン ドミニク)氏:「『ThoughtTrace』:思考プロセスの歴史を動的に記録・解析・表現する」
    • 内田和隆氏:「Development of 3D modeling system and API for indoor environment(室内3DモデリングシステムとAPIの開発)」
  • 未踏ユース
    • 小菅祐史氏:「Webアプリケーション・セキュリティの自動検証フレームワーク」
    • 梅谷信行氏:「インタラクティブUIを備えた統合型設計解析ソフトウェアの開発」
    • 松田聖大氏:「Web文字画像化と行内レイアウトシステムの開発」
    • 高橋賢治氏:「GPUを用いた映像のリアルタイム手ぶれ補正ソフトウェアの開発」
    • 加藤史洋氏「現実の料理で見えない調理状態の推測を支援する料理シミュレータの提案」

 5月26日に東京ドームシティプリズムホールで開催されるIPAの総合展示会「IPAX2009」において、今回認定された12名に対して授与式が行われる予定だ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加