フォトレポート:ハッブル宇宙望遠鏡の修理に挑む--スペースシャトル「アトランティス」からの画像

文:Daniel Terdiman(CNET News) 翻訳校正:編集部2009年05月18日 11時51分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 スペースシャトル「Atlantis」(STS-125)が米国時間5月11日、フロリダのケネディ宇宙センターから打ち上げられた。その任務は、Hubble宇宙望遠鏡の最後の修理を実施することにある。

 現在、シャトルは同望遠鏡に到達し、修理を開始している。

 この画像は、確保後に固定され、Atlantisの貨物室に置かれたHubble望遠鏡。
Scroll Right Scroll Left

 スペースシャトル「Atlantis」(STS-125)が米国時間5月11日、フロリダのケネディ宇宙センターから打ち上げられた。その任務は、Hubble宇宙望遠鏡の最後の修理を実施することにある。

 現在、シャトルは同望遠鏡に到達し、修理を開始している。

 この画像は、確保後に固定され、Atlantisの貨物室に置かれたHubble望遠鏡。

提供:NASA

 スペースシャトル「Atlantis」(STS-125)が米国時間5月11日、フロリダのケネディ宇宙センターから打ち上げられた。その任務は、Hubble宇宙望遠鏡の最後の修理を実施することにある。  現在、シャトルは同望遠鏡に到達し、修理を開始している。  この画像は、確保後に固定され、Atlantisの貨物室に置かれたHubble望遠鏡。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加