マランツ、スーパーオーディオCD/CDプレーヤーの中級機、実売26万円程度で

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 マランツ コンシューマー マーケティング(マランツ)は5月15日、スーパーオーディオCD/CDプレーヤー「SA-13S2」を5月下旬に発売すると発表した。価格は26万2500円。

 従来モデル「SA-15S2」の後継機。トップカバーに非磁性体であるアルミ材を採用。5mmの無垢材を利用することできょう体の剛性を高めて振動を抑制。ディスクに記録されたデータを高い精度で読み取り高品位な音楽再生ができる独自のエンジン「SACDM-10」を搭載した。

 このほか、シャーシを構成する鋼板に高い周波数におけるインピーダンスの低減によってオーディオ帯域外のデジタルノイズなどを減衰させる銅メッキを採用。脚部には振動を抑えるアルミ削り出しインシュレーターを用いることで、音の表現力が向上した。

 サイズは幅440×高さ127×奥行き419mm、重さは14.5kg。カラーはゴールド。

マランツ コンシューマー マーケティング=http://www.marantz.jp

  • このエントリーをはてなブックマークに追加