アップル、WWDCの詳細発表--基調講演はシラー氏

文:Erica Ogg(CNET News.com) 翻訳校正:編集部2009年05月14日 10時06分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleの「World Wide Developers Conference(WWDC)」が米国時間6月8日午前10時にサンフランシスコにおいて、同社マーケティング担当バイスプレジデントPhil Schiller氏の基調講演で開幕することが明らかになった。

 米国時間5月13日朝に発表されたプレスリリースによると、基調講演は、Schiller氏をはじめとする「複数の同社幹部」が、サンフランシスコのモスコーンセンターで行うという。

 予想通り、Appleは、出席した開発者やメディア関係者に対して、同社最新OSである「iPhone OS 3.0」および「Mac OS X Snow Leopard」についての話を聞く機会を得られることを約束している。

 ただし、関心の高い2つの話題については何も触れられていない。新しい「iPhone」ハードウェアとSteve Jobs氏についてだ。Jobs氏は当初、同氏の休養が終わるのを「6月下旬」としていた。これは恐らく、6月8日開催のWWDC以降を意味していると思われる。しかし、同氏登場の可能性がないわけではない。

 新しいiPhoneについてもまるで謎解きゲームのようになっている。Appleは、過去2回の6月開催のWWDCで新型iPhoneに関する発表をしている。Piper JaffrayのアナリストGene Munster氏は13日、WWDCにおける新型iPhone発表について期待していないとリサーチノートで述べた。

 同氏は、「むしろ、Appleが6月下旬か7月前半に、iPhoneシリーズ発表で特別イベントを開催する、と予想している」と述べた。このシナリオは、Jobs氏が復帰していれば、iPhoneを紹介する名誉を得られる、という点において興味深い。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加