logo

米国消費者、依然としてダウンロードよりDVDやBlu-rayを好む傾向--NPD調査

文:Lance Whitney(Special to CNET News.com) 翻訳校正:編集部2009年05月13日 14時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 消費者は意見を明らかにした。新しい調査によると、消費者はビデオをダウンロードしたり、オンラインで視聴するよりも、依然としてディスクをDVDプレーヤーに入れて視聴しているという。

 市場調査会社NPD Groupが米国時間5月12日に発表した調査によると、米国のDVDおよびBlu-ray Discの購入およびレンタルの支出は、過去3カ月間の家庭でのビデオ視聴に対する消費者支出の88%を占めたという。

 米国の平均的な消費者はビデオの購入およびレンタルにおよそ25ドルを支出しており、そのうちDVDの購入に占める割合は63%、Blu-ray Discの購入に占める割合は7%、レンタルに支払う割合は18%、ビデオオンデマンドに支払う割合は9%、そしてデジタルダウンロードに支払う割合は3%のみだった。

 DVDとBlu-ray Discの変わらぬ人気をよそに、オンライン視聴は足場を固めてきた。ネットに接続している消費者のうち9%が過去3カ月に、オンラインで映画を見たと回答した。2008年は5%だった。NPDによると、8%がオンラインでの映画視聴をレンタルし、2008年から4%増加したという。

 「ディスクは依然群を抜いて米国人がホームビデオを楽しむ主要な手段であるが、オンラインの選択肢に対する欲求の高まりが見られる」とNPD Groupのエンターテインメント業界アナリストのRuss Crupnick氏は述べた。「デジタルビデオを利用する昨今の消費者が、DVDやBlu-ray Discのヘビーユーザーでもあるという傾向は良いことである。しかしディスクという物質的手段とデジタルフォーマットがどれくらいの期間にわたり共存できるかは、現時点でまだ分からない」(Crupnick氏)

 今回の情報は、「Entertainment Trends In America」と題されたNPD Groupの報告書の最新版から得た。この報告書では過去3カ月の家庭におけるビデオ利用が測定された。オンラインで実施されたこの調査は、米国の1万1000人以上の消費者からの回答に基づいている。

 Blu-ray Discプレーヤーの販売は米国で伸びている。価格の下落および、より多くの消費者がお気に入りのビデオを高画質で見ることを望んでいるという要因のためである。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

-PR-企画特集