logo

インテルとノベル、モバイル機器向けOS「Moblin」の推進で協力

文:Matt Asay(Special to CNET News.com) 翻訳校正:編集部2009年05月08日 16時23分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「Android」でモバイル市場を独占するというGoogleのいまだに初期段階の取り組みは、Appleの人気プラットフォーム「iPhone」のプレッシャーをすでに受けている中で、新たな打撃を加えられた。IntelとNovellが米国時間5月7日、Androidと競合するモバイル機器向けLinuxディストリビューションであるIntelのOS「Moblin」を推進するために協力すると発表したのだ。

 GoogleはAndroidで、まずはスマートフォン市場を狙っている(Androidベースのネットブックも発表されてはいるようだ)が、IntelはMoblinでネットブック市場に照準を定めている。

 また、AndroidとMoblinは、「Red Hat Enterprise Linux」と「SUSE Linux Enterprise Server」のように、単に2種類のLinuxディストリビューションというわけではない。AndroidとMoblinではLinuxの利用の仕方が異なると、IntelのLinuxおよびオープンソース担当科学技術者であるDirk Hohndel氏は以下のように説明する。

 Moblinはモバイル機器向けのLinuxで、最初のフォーカスはネットブックにある。AndroidはLinuxカーネルを利用した携帯電話向け(のOS)だ。2つは非常に異なる。

 Novellのソリューションおよび製品マーケティング担当バイスプレジデント、Justin Steinman氏は次のように付け足した。

 「Moblin 2.0」は、ネットブックのような機器向けに徹底的に設計された最初のLinuxソフトウェアスタックおよび技術フレームワークだ。基本的に、Moblinはネットブックレイヤからスタートし、より小型のモバイル機器に拡大する計画だ。Linuxベースのデスクトップ提供におけるNovellの強みを考慮すると、NovellがIntelと密接に協業してネットブックに最適化されたユーザーエクスペリエンスを提供することは理にかなっていたといえる。

 Appleがスマートフォン市場を独占しつつあり、他のモバイル機器におけるSymbianの根強い支配力を考えると、これは賢い戦略的な動きにみえる。ネットブック市場は依然として大きく開かれている。Appleは現在この市場に参入することに見向きもせず、MicrosoftはLinuxに対して自社の立場を守るために苦戦している。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

-PR-企画特集