logo

FTC、アップルとグーグルを取締役の重複で調査か--The New York Times報道

文:Tom Krazit(CNET News.com) 翻訳校正:編集部2009年05月07日 11時12分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米連邦取引委員会(FTC)は、GoogleとAppleの関係に癒着がないかを調査する意向を固めた、と一部で報じられた。

 The New York Timesが米国時間5月4日に報じたところによると、GoogleおよびAppleは、Google最高経営責任者(CEO)のEric Schmidt氏と元Genentech CEOのArt Levinson氏がともに両社の取締役であるという事実について、独占禁止法に違反していないかFTCが調査を希望していることを通知されたという。The New York Timesは、このニュースを匿名の情報筋からの話と伝え、関係するFTC、Apple、Googleすべてがこの報道に対するコメントを避けたと述べている。

 Schmidt氏のApple取締役会への参加は長い間、疑問視されており、特にGoogleが同社モバイルOS「Android」の発表に関する計画を明らかにしてからはそうであった。Schmidt氏は、Apple取締役会で「iPhone」が議題となる場合、出席を辞退していることを述べていた。しかし、クレイトン独占禁止法第8項は、企業間で同じ取締役と有することは、「競争を軽減する結果となる場合」には認めていない、とThe New York Timesは報じている。

 Googleの歴史において現在、同社事業でAndroidの占める割合は小さいと考えると、両社の関係は明らかな違反とはならないだろう、と法律の専門家はThe New York Timesのインタビューで答えている。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

-PR-企画特集