logo

世界No.1メーカーが作った中国トンデモケータイとは? - (page 4)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

黒船来襲でトンデモケータイがさらに進化する!

 6208cの他の機能は一般的なケータイ電話そのものだ。中国市場向けということもあってか、中国でメジャーなインスタントメッセージンサービス「QQ」にも対応している。カメラも3メガピクセルで動画はVGAサイズに対応、オートフォーカスとマクロ対応など本格的。外部コネクタには最新のmicroUSB端子を備えている。そして本体の作りもしっかりとしており、トンデモケータイにありがちな「すぐに塗装が剥げる、傷がつく」「本体の細かい精度がイマイチ」といった心配もない。やはりNokiaが作ればこれだけいい製品になるわけだ。

 もちろん値段はそれなりにする。6208cのメーカー希望小売価格は1892人民元。標準的なトンデモケータイの1.5から2倍の価格だ。でもそれだけの品質や優れた手書き文字入力機能を搭載している「価格相応」の製品なのだ。この値段でも結構売れるんじゃないだろうか?

 中国トンデモケータイは、これまでトンデモケータイメーカー同士で競争しあってきた。そこに殴り込みをかけてきたのがこのNokia 6208cだ。これはトンデモケータイ界に黒船が来襲したようなものだろう。この黒船来襲を受けて撤退するメーカーも出てくるだろうが、逆に「なにくそ!」と思ってさらにすんごい機能を開発してくるメーカーも出てくるはずだ。

 「Nokiaよりうちはすごいぞ。もうNokiaを買わなくても満足できます!」なんて豪語するトンデモケータイがこれから出てくるかもしれない。トンデモメーカーさんたちにはNokiaを打ち負かすような製品をじゃんじゃん出してほしいものだ。

カメラは正真正銘の3メガピクセル。トンデモケータイは「名前だけメガピクセル」が多いのでこれはNokiaの勝ちだ カメラは正真正銘の3メガピクセル。トンデモケータイは「名前だけメガピクセル」が多いのでこれはNokiaの勝ちだ(※画像をクリックすると拡大します)
microUSB端子や3.5mmヘッドフォンジャックなど。全体の作りもしっかりしている microUSB端子や3.5mmヘッドフォンジャックなど。全体の作りもしっかりしている(※画像をクリックすると拡大します)
中国では必須のQQや、Opera miniも内蔵 中国では必須のQQや、Opera miniも内蔵(※画像をクリックすると拡大します)

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]