logo

サムスン、Android搭載端末「I7500」を発表

文:Bonnie Cha(CNET News.com) 翻訳校正:川村インターナショナル2009年04月28日 18時23分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 サムスンは米国時間4月27日、同社初の「Google Android」携帯、「Samsung I7500」を発表した。サムスンは当初Android携帯の発売を2009年後半に遅らせるとして、多くの人々を失望させていたが、I7500は欧州の主要市場で6月に発売が開始される。残念ながら、米国でのリリース計画についてはまだ明らかにされていない。

 しかし、米国の人々にとって良い知らせとなる可能性があるニュースもある。Samsung I7500はトライバンドHSDPA携帯であり、900MHz、1700MHz、2100MHz帯に対応しているため、T-Mobileの3Gネットワークと互換性を持つ。われわれは4月27日朝、米国での発売について詳しい情報を得るためサムスンのPR会社に話を聞いた。ある関係者は、同社が27日夜にサムスンと電話会議を予定しており、そのときに米国でのリリースについて何らかの確認が取れることを期待していると述べた。情報が入り次第、お伝えする。

 その間に、Samsung I7500の優れた仕様についていくつかお伝えできる。I7500は3.2インチのHVGA AMOLEDタッチスクリーン、8Gバイトの内蔵メモリ、microSD拡張スロット(最大32Gバイトをサポート)、5メガピクセルのカメラを備える。このクアッドバンドのワールドフォンはまた、Wi-Fi、Bluetooth 2.0、GPS機能、および3.5mmヘッドホンジャックを搭載している。

 もちろんI7500は、Android携帯として、「Gmail」「Google Calendar」、そして「Google Latitude」「Street View」などに対応の「Google Maps」といったGoogleのさまざまなサービスをサポートしている。

 I7500のデザインは、キャンディバースタイルのフォームファクタを特徴としており、物理的なキーボードが搭載されていない点において、「T-Mobile G1」よりも「HTC Magic」に似ている。Samsung I7500のサイズは、高さ4.5インチ(約11.4cm)×幅2.2インチ(約5.6cm)×厚さ0.4インチ(約1.0cm)だ。

 Androidに関するほかのニュースとしては、ドイツのG1所有者がAndroid 1.5ソフトウェアアップデート(別名Cupcake)を最初に手に入れることになりそうだ。AndroidGuysとT-Mobile Germanyによると、このアップデートは5月に利用できるようになり、ビデオ録画、ステレオBluetooth、オンスクリーンキーボードなどの機能が追加されるという。

Samsung I7500 「Samsung I7500」
提供:サムスン

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

-PR-企画特集