フォトレポート:機械仕掛けの昆虫--米芸術家の示す自然とテクノロジの関係

文:Leslie Katz(CNET News.com) 翻訳校正:編集部2009年04月28日 15時06分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 メーン州ポートランドの芸術家Mike Libby氏は、実際の昆虫標本にアンティークの時計部品やその他のテクノロジ部品を組み合わせて作品を制作している。

 Libby氏は声明で「最先端の『飛行機』の中には、トンボと同じくらいの重さや大きさのものもある。米航空宇宙局(NASA)の科学者は惑星探査の分野において、歩行する探査機や『群知能理論』を用いた探査機の開発で大きな進歩を遂げている」と述べる。「人間が作り出す技術において、最も操作しやすく効率的なデザインの特徴は自然界に由来することが本当に多いことがわかる」(Libby氏)

 こちらは、Libby氏の作品の1つである、幅が5インチ(約12.7cm)のタランチュラ。真ちゅうおよび鉄製の歯車や部品で装飾されている。
Scroll Right Scroll Left

 メーン州ポートランドの芸術家Mike Libby氏は、実際の昆虫標本にアンティークの時計部品やその他のテクノロジ部品を組み合わせて作品を制作している。

 Libby氏は声明で「最先端の『飛行機』の中には、トンボと同じくらいの重さや大きさのものもある。米航空宇宙局(NASA)の科学者は惑星探査の分野において、歩行する探査機や『群知能理論』を用いた探査機の開発で大きな進歩を遂げている」と述べる。「人間が作り出す技術において、最も操作しやすく効率的なデザインの特徴は自然界に由来することが本当に多いことがわかる」(Libby氏)

 こちらは、Libby氏の作品の1つである、幅が5インチ(約12.7cm)のタランチュラ。真ちゅうおよび鉄製の歯車や部品で装飾されている。

提供:Mike Libby

 メーン州ポートランドの芸術家Mike Libby氏は、実際の昆虫標本にアンティークの時計部品やその他のテクノロジ部品を組み合わせて作品を制作している。  Libby氏は声明で「最先端の『飛行機』の中には、トンボと同じくらいの重さや大きさのものもある。米航空宇宙局(NASA)の科学者は惑星探査の分野において、歩行する探査機や『群知能理論』を用いた探査機の開発で大きな進歩を遂げている」と述べる。「人間が作り出す技術において、最も操作しやすく効率的なデザインの特徴は自然界に由来することが本当に多いことがわかる」(Libby氏)  こちらは、Libby氏の作品の1つである、幅が5インチ(約12.7cm)のタランチュラ。真ちゅうおよび鉄製の歯車や部品で装飾されている。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加