デコメ素材の入手先は専門サイトや友人、10代は交換掲示板を活用--mediba調査

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 medibaは4月27日、携帯電話の待ち受け画面やHTMLメール(デコレーションメール)の素材利用に関する調査結果を発表した。

 調査はmediba、日経BP、日経ネットマーケティングが保有するリサーチ専用会員のうち、16歳から49歳までの男女を対象に対象に、3月30日と31日の2日間にわたってモバイル上で実施した。有効回答数は510人。

 調査結果によると、待ち受け画面の入手経路を「待ち受け専門サイト」と答えた人が54.1%と最も多く、メーカーサイトなどの一般サイトが36.6%と次いで多かった。一方、デコレーションメールの素材については、携帯端末にあらかじめインストールしているものを使うという人が62.3%と最多だった。ただし、男性は携帯電話にあらかじめインストールしているものを使う傾向が強いのに対して、女性は専門サイトや友人からもらったものを使うケースが多かった。また、待ち受け画面、デコレーションメールの素材ともに、16〜19歳の女性は交換掲示板を多く利用していた。

 会員登録や商品購入の際に待ち受け画面やデコレーションメール素材を無料で入手したことがある人の割合は75.9%で、若干ながら女性のほうが入手経験の割合が高かった。入手経験者のうち、待ち受け画面を入手したことのある人の割合は87.9%、デコレーションメールは51.2%で、デコレーションメールは特に16歳から19歳の女性の割合が高くなっている。

 また、気に入った待ち受け画面やデコレーションメール素材が企業のモバイルサイトで提供された場合、待ち受け画面に利用すると答えた人の割合は85.5%で、男女ともに高い意向を示した。デコレーションメール素材の利用意向は60.4%で、こちらは女性の方が利用意向が高かった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加