クウジットとWi2、位置連動型情報配信プラットフォームを共同開発--「Wi2バス案内」を提供

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 クウジットとワイヤ・アンド・ワイヤレス(Wi2)は4月22日、ユーザーの位置に連動した情報配信プラットフォームを共同開発したと発表した。

 今回発表されたのは、Wi2の次世代ワイヤレス・プラットフォーム「Wi2 Engine」の機能の一部。クウジットは、無線LANによる位置情報の検出技術「PlaceEngine」や、位置情報を活用したアプリケーションの技術を提供している。

 両社は今回の共同開発をもとに、丸の内シャトルバスの位置をリアルタイムに測定する「Wi2バス案内」を提供する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加