ソニー、着せ替えパネルが充実した「WALKMAN E」シリーズ

加納恵(編集部)2009年04月21日 14時16分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニーは4月21日、スティックタイプの「WALKMAN E」シリーズにおいて、2色のボディカラーを用意した「WALKMAN NW-E040」(NW-E040)を発表した。2Gバイト「NW-E042」、4Gバイト「NW-E043」、8Gバイト「NW-E044」の3モデルを揃える。発売は5月16日。価格はオープンだが、店頭想定価格は2Gバイトモデルが8000円前後、4Gバイトモデルが1万円前後、8Gバイトモデルが1万3000円前後となる。

 NW-E040は、スパークルブルー&フラッシュオレンジ、ブリリアントゴールド&ジェントルブラックなど異なるカラーの「Style-UPパネル」とUSBキャップを付属することで、カラーチェンジが簡単にできる新デザインを採用。カラーバリエーションは上記のほか、クリスタルシルバー&エターナルホワイト、ホットピンク&グラマラスパープル、ミントグリーン&シュガーピンクをラインアップしている。

 さらに、独自デザインを施した別売の着せ替えパネル&USBキャップ「SUP-NWE040」(店頭想定価格:1300円前後)も用意。オプションのシリコンケース「CKM-NWE040」(店頭想定価格:2000円前後)やシリコンネックストラップ「STP-NWN5」(店頭想定価格:1500円前後)と組み合わせることで、好みの配色やデザインを楽しめるという。

 本体にはUSB端子を搭載することで、PCやHDDオーディオなどとのダイレクト接続を実現し、楽曲の転送や充電などに対応する。内蔵充電池は約3分の充電で約3時間の連続再生ができるほか、最長約30時間のスタミナ再生が可能だ。

 ヘッドホンには、13.5mmのドライバーユニットを採用した密閉タイプを付属。本来のL/Rの音をそのままヘッドホンへと伝送する「クリアステレオ」と低音再生技術「クリアベース」により、高音質再生をサポートするとのことだ。

「WALKMAN NW-E040」 「WALKMAN NW-E040」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加