クライアント仮想化ソリューション市場、年平均33.9%増で成長--IDC Japan予測

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 IDC Japanは4月20日、クライアント仮想化ソリューションの市場規模予測を発表した。2008年から2013年の年間平均成長率(CAGR)は33.9%となる見込みだという。

 2008年の市場規模は855億円で、2013年には3678億円に達すると予測している。ライセンス数は、2008年が48万件、2013年は127万件にまで増加する見通しだ。

 特にデスクトップ仮想化ソフトウェア市場には多くのベンダーが参入しており、2008年から2013年の年間平均成長率は62.1%と急成長を見込む。2013年には、法人向けクライアントパソコンの稼動台数の31.8%に仮想化ソフトが搭載されるとしている。

 一方、2008年のシンクライアント専用端末の出荷台数は、金融危機などの影響を受けて、前年比4.4%増の約12万台に留まった。市場は2010年後半から回復に向かうとみている。また、関連サービスを含めたシンクライアントソリューション市場規模は、2013年には1000億円規模に達すると予測している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加