モトローラ、Android搭載「au BOX」の開発を否定

文:Marguerite Reardon(CNET News.com) 翻訳校正:編集部2009年04月21日 10時44分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Motorolaは、日本のKDDI向けに開発している新しいセットトップボックスについて、Googleの「Android」OSを使用しない予定であることを明らかにした。

 米CNET Newsは先週、Android Guysの報道として、MotorolaがKDDI向けにAndroid搭載TVセットトップボックスを開発する予定だと伝えた。

 Android Guysの報道では、MotorolaがAndroid搭載セットトップボックスを開発中という、Open Embedded Software Foundation(OESF)代表理事である三浦雅孝氏の発言を報じていた。OESFは、ARM、日本ケーブルラボ、アルパイン、富士通ソフトウェアテクノロジーズなどが参加している。

 しかし、Motorolaによると、KDDI向けデバイスである「au BOX」はAndroidベースにはならないという。Motorolaは、同デバイスが同社開発のOSである「KreaTV」を使用していることを述べた。このプラットフォームは、オープンソースOSのLinuxをベースにしている。同社によると、Androidベースバージョンを開発する計画はないという。

 Motorolaは、KreaTVについて、セットトップデバイス用オープンソフトウェアプラットホームで、事業者顧客が機能とサービスを容易に追加できるよう設計されていると述べる。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加