logo

LOOXを冠した富士通ネットブック--写真で見る「FMV-BIBLO LOOX M」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 富士通からいよいよネットブック「FMV-BIBLO LOOX M/D10」が登場した。LOOXを冠し、同社のウェブ販売価格は6万円を切る低価格モデルだ。これまで国内ではAtom Zシリーズを搭載し、少し価格帯が上の超小型PC「LOOX U」をラインアップしていたが、2009年夏モデルから低価格帯にも参入した。

 本体は10.1インチ液晶を搭載し、比較的ゆったりとしたサイズにまとめられている。キーボードは横ピッチが約17mmのもので、キーの形状も一般的なもの。本体のスペックはインテルAtomプロセッサ N270、1.60GHz。OSはWindows XP Home Editionを搭載、1Gバイトメモリ、160GバイトのHDDを搭載する。

 ボディカラーは写真のミルクホワイトのほかにルビーレッドがあり2色から選べる。

 液晶は一部ネットブックで採用されている1024×576ドットのタイプを採用。画素の縦横比が16対9となり、ワイド動画を映す際にちょうど全画面に収まる。表面は光沢タイプだ。

 ボディはコーナーが斜めにカットしてあるため、厚みをあまり感じない。足が出っ張っていないため、カバンの収納は容易だ。天板やパームレスト表面に分厚いクリア塗装がしてあり、汚れが付着しにくい。

 ACアダプタは少し大きめのものが付属する。19V 3.16Aで、同クラスのネットブックの倍近い容量だ。そのため、ACアダプタを含めて持ち歩く場合、荷物は多少多くなりそうだ。

 富士通からいよいよネットブック「FMV-BIBLO LOOX M/D10」が登場した。LOOXを冠し、同社のウェブ販売価格は6万円を切る低価格モデルだ。これまで国内ではAtom Zシリーズを搭載し、少し価格帯が上の超小型PC「LOOX U」をラインアップしていたが、2009年夏モデルから低価格帯にも参入した。

 本体は10.1インチ液晶を搭載し、比較的ゆったりとしたサイズにまとめられている。キーボードは横ピッチが約17mmのもので、キーの形状も一般的なもの。本体のスペックはインテルAtomプロセッサ N270、1.60GHz。OSはWindows XP Home Editionを搭載、1Gバイトメモリ、160GバイトのHDDを搭載する。

 ボディカラーは写真のミルクホワイトのほかにルビーレッドがあり2色から選べる。

 液晶は一部ネットブックで採用されている1024×576ドットのタイプを採用。画素の縦横比が16対9となり、ワイド動画を映す際にちょうど全画面に収まる。表面は光沢タイプだ。

 ボディはコーナーが斜めにカットしてあるため、厚みをあまり感じない。足が出っ張っていないため、カバンの収納は容易だ。天板やパームレスト表面に分厚いクリア塗装がしてあり、汚れが付着しにくい。

 ACアダプタは少し大きめのものが付属する。19V 3.16Aで、同クラスのネットブックの倍近い容量だ。そのため、ACアダプタを含めて持ち歩く場合、荷物は多少多くなりそうだ。

 富士通からいよいよネットブック「FMV-BIBLO LOOX M/D10」が登場した。LOOXを冠し、同社のウェブ販売価格は6万円を切る低価格モデルだ。これまで国内ではAtom Zシリーズを搭載し、少し価格帯が上の超小型PC「LOOX U」をラインアップしていたが、2009年夏モデルから低価格帯にも参入した。  本体は10.1インチ液晶を搭載し、比較的ゆったりとしたサイズにまとめられている。キーボードは横ピッチが約17mmのもので、キーの形状も一般的なもの。本体のスペックはインテルAtomプロセッサ N270、1.60GHz。OSはWindows XP Home Editionを搭載、1Gバイトメモリ、160GバイトのHDDを搭載する。  ボディカラーは写真のミルクホワイトのほかにルビーレッドがあり2色から選べる。  液晶は一部ネットブックで採用されている1024×576ドットのタイプを採用。画素の縦横比が16対9となり、ワイド動画を映す際にちょうど全画面に収まる。表面は光沢タイプだ。  ボディはコーナーが斜めにカットしてあるため、厚みをあまり感じない。足が出っ張っていないため、カバンの収納は容易だ。天板やパームレスト表面に分厚いクリア塗装がしてあり、汚れが付着しにくい。  ACアダプタは少し大きめのものが付属する。19V 3.16Aで、同クラスのネットブックの倍近い容量だ。そのため、ACアダプタを含めて持ち歩く場合、荷物は多少多くなりそうだ。

-PR-企画特集