エイサー、新しいPCラインを発表--マルチタッチジェスチャー対応機種など

文:Dan Ackerman(Special to CNET News.com) 翻訳校正:川村インターナショナル2009年04月08日 18時48分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Acerは世界規模の大手PCメーカーであり、またGateway、eMachines、Packard Bellブランドを有している。同社は米国時間4月7日夜、ニュージャージー州のリバティサイエンスセンターで開催のプレスイベントで、新しいシステムの一群を発表した。

 10機種以上に及ぶ新しいノートPC、ネットブック、ネットトップ、オールインワンPCの発売はどれもまだ先で、新学期シーズンに向けて6月に発売を開始する見込みだということだが(うち数モデルは米国で発売されない可能性すらある)、ここでは主要なモデルの一部を紹介する。

「Acer Timeline」シリーズ

 「Acer Timeline」は、13.3インチ、14.1インチ、15.6インチモデルのシリーズで、16:9対応のLEDディスプレイ、Intelの超低電圧(ULV)プロセッサ、(現行の「MacBook」のように)マルチタッチジェスチャー対応のタッチパッドを備えている。さらに、画期的なパッシブクーリング(Intelが開発し、「Laminar Wall」と呼ばれる)を搭載している。これは、ノートPCの外面に触れたときに感じる温度を低く保つというものだ。

「Acer Timeline」 「Acer Timeline」

 Acerは、超低電圧CPUとLEDディスプレイの採用により、1回のバッテリ充電で8〜10時間の使用が可能だとしている。

 この3モデルはすべて少し先細の形状であり、厚さはおよそ0.9インチ(約2.3cm)から1.5インチ(約3.8cm)にわたっているが、思ったより若干重く感じられた。Acerによれば、Timelineモデルの重量は3.5ポンド(約1.6kg)から5.3ポンド(約2.4kg)になるという。

「Acer Aspire one」11.6インチモデル

 10インチ型のネットブックは小さすぎで、12インチモデルは大きすぎるという人のために、AcerはAspire oneネットブックの新しい11.6インチモデルで救いの手をさしのべている。

「Acer Aspire one」 「Acer Aspire one」

 この新モデルには標準的なIntelの「Atom」CPUと160Gバイトのハードドライブが搭載されているが、現在の最低価格のAspire oneと異なり、このモデルには薄型LEDスクリーン、マルチタッチジェスチャーが採用され、キーボードとタッチパッドも、現在のトップセラーである349ドルの10インチモデルより良くなっているように見える。

 Gatewayは、この10インチおよび11インチネットブックと同じと思えるバージョンを「LT20」および「LT30」の名称で出す予定だ。

「Gateway EC」

「Gateway EC」 「Gateway EC」

 この13.3インチノートPCの詳細はまだ固まっていないが、16:9対応のLEDディスプレイ、切り替え可能なグラフィック、SSDを搭載し、厚さは1インチ(約2.5cm)以下になる予定だ。Gatewayは、省エネ型の低電力モードや、Energy Star 5.0の準拠によって、「グリーン」面を強調している。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加