logo

携帯電話メルマガはレイアウトや配信頻度も重要--IMJモバイル調べ

鳴海淳義(編集部)2009年04月08日 13時18分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 IMJモバイルは4月8日、携帯電話のメールマガジン(メルマガ)に関するユーザビリティ調査の結果を発表した。

 調査結果では、メルマガがきっかけでサイトを訪問した経験は85%を超え、サイトへの導線として有効な手段である一方、内容や配信頻度が適切でないと登録解除してしまうユーザーも多くいることがわかった。

 また、メルマガの受信実態について調べてみると、約7割の人がデコメを利用したメルマガを受信していたという。デコメを利用したメルマガは、テキストのみのメルマガに比べ、印象に残る、理解しやすいなど、好感を持たれていることがわかった。

 比較調査をしたところ、ECサイトではテキストのみのメルマガと比べて、商品画像を掲載したデコメによるメルマガがユーザーに支持される結果となった。

 IMJモバイルは、ユーザーが希望する内容やレイアウト、配信頻度を設計することが、メルマガを利用したビジネスにとって重要であるとしている。

 調査期間は2009年3月19日〜3月20日。有効回答数は312人。

-PR-企画特集