logo

フォトレポート:セグウェイとGM共同開発の2輪電気自動車「PUMA」、マンハッタンを走行 - 3/5

文:Jonathan Skillings (CNET News.com) 翻訳校正:編集部2009年04月08日 10時50分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 リチウムイオンバッテリを搭載した同機は、車両間の通信や自律走行やパーキング機能も備える。GMの研究開発および戦略計画担当バイスプレジデントであるLarry Burns氏は声明で、「他の移動物体がどこにいるのかを認識し、衝突するのを避けることのできる小型の軽快な電動車両を想像してほしい」と述べた。「現在、インターネットのようなウェブでこれらの車両をつなぐことで、人々の都市を移動する能力を大幅に強化し、駐車する場所を発見し、ソーシャルおよびビジネスネットワークにつなぐことができる」(Burns氏)

 PUMAの時速35マイル(約56km)で、1回の充電で最長35マイルの連続走行が可能となっている。
Scroll Right Scroll Left

 リチウムイオンバッテリを搭載した同機は、車両間の通信や自律走行やパーキング機能も備える。GMの研究開発および戦略計画担当バイスプレジデントであるLarry Burns氏は声明で、「他の移動物体がどこにいるのかを認識し、衝突するのを避けることのできる小型の軽快な電動車両を想像してほしい」と述べた。「現在、インターネットのようなウェブでこれらの車両をつなぐことで、人々の都市を移動する能力を大幅に強化し、駐車する場所を発見し、ソーシャルおよびビジネスネットワークにつなぐことができる」(Burns氏)

 PUMAの時速35マイル(約56km)で、1回の充電で最長35マイルの連続走行が可能となっている。

提供:Emile Wamsteker for General Motors

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]