logo

モトローラ、第1四半期のレイオフ費用で2億2900万ドルを計上

文:Tom Krazit(CNET News.com) 翻訳校正:編集部2009年04月07日 10時14分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Motorolaは米国時間4月6日、第1四半期中のレイオフに関連する費用として2億2900万ドルを計上する計画であることを明らかにした。

 米証券取引委員会(SEC)に提出した報告書で、Motorolaは第1四半期中に5600人の従業員を削減することになり、2008年10月に発表された7000人規模のレイオフを完了すると述べた。人員削減に伴う費用として、同社を去る従業員に対し2億1600万ドルを支払うほか、一部ビジネスの終了に関連する費用として1300万ドルを追加で計上する予定となっている。

 Motorolaは、2009年の年間コストで15億ドルの削減を目標としている。同社の携帯電話部門は不振が続いており、同社は同グループの売却先を模索する計画を発表していた。しかし、買収に名乗りを上げる企業はなく、Motorolaは同グループの売却を延期してきた。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

-PR-企画特集