logo

NECとBIGLOBE、CO2排出量見える化サービスを共同展開--社員世帯へ導入

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NECとNECビッグローブ(BIGLOBE)は4月1日、家庭における省電力対策を推進するCO2排出量見える化サービス「みんなでカーボンダイエット」を共同で展開すると発表した。同日よりNECグループ社員約100世帯を対象に、3カ月間のトライアルサービスを開始する。

 これは、NECビッグローブが開発した電気使用量計測サービス。専用ユニットと近距離無線規格であるZigBee無線を使うことで、工事などをせず、使用データ量をサーバ上に自動送信し、集計してくれるという。

 1日ごとの電気使用量だけでなく、時間帯別の使用量や参加世帯の平均値比較なども表示可能だ。また前年同月の電気使用量と比較し、削減した分は「みなしCO2削減量」として、エコポイントを獲得できるとのこと。

 獲得したエコポイントは参加世帯ごとに管理し、ランキング形式で表示されるほか、エコポイントを獲得できる独自のゲームなどにも活用できる。同社では、参加世帯同士で競いあったり協力することで、CO2削減活動を楽しく継続できるよう工夫したとしている。

 なお、トライアル後は環境・まちづくりのコンサルティング会社であるエックス都市研究所監修により、モニター期間中のデータを分析し参加世帯ごとに「我が家のエネルギー診断書」としてレポートを提供する。

 NECとNECビッグローブ、エックス都市研究所の3社は、本トライアルの結果を受けて、環境モデル都市を初めとする環境意識の高い自治体や民間企業への導入を検討。今後3年間で売上高約20億円を目指すとしている。

「Carbon ball(フンコロガシで、エコ)」の画面イメージ 「Carbon ball(フンコロガシで、エコ)」の画面イメージ

-PR-企画特集