logo

OKI、ISP向けセキュリティゲートウェイを機能強化--IPv6環境で快適接続

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 沖電気工業(OKI)は3月30日、通信事業者(ISP)向けのトランスレータ機能を搭載したセキュリティゲートウェイ「CenterStage NX4300」を機能強化、9月より販売すると発表した。ユーザーのサービスレベルを確保するセッション保証機能やプレミアム転送機能を新たに追加した。

 この製品は、通信事業者のIPv6対応に向けて、IPv4とIPv6を変換するトランスレータ機能を搭載したキャリアグレードのセキュリティゲートウェイ。大規模通信事業者を対象にしている。

 今回、IPv6端末を使用するユーザーのサービスレベルを確保するセッション保証機能や、大容量のリッチコンテンツを高速に転送するプレミアム転送機能を搭載した。

 これにより、IPv6ユーザーがIPv4の既存のネットワークリソースやデータセンターリソースにアクセスする際に、高負荷状態においてもサービスレベルに応じて優先的にプロトコル変換や高速転送ができ、快適な接続環境を提供できるとしている。

-PR-企画特集