アップル、WWDCの6月開催を正式発表--最新iPhoneや「Snow Leopard」に期待

文:Tom Krazit(CNET News.com) 翻訳校正:湯木進悟2009年03月27日 06時51分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleは、毎年恒例のWorldwide Developer Conference(WWDC)の開催日程を発表し、(2009年も)再び6月にサンフランシスコで開かれることを明らかにした。

 Appleは米国時間3月26日、サンフランシスコのモスコーンセンターへ、6月8〜12日の週に約5000人のエンジニアを集め、WWDCを開催すると正式発表した。一部のAppleの開発者は、なかなかAppleが正式な日程発表を行わないため、旅行のプランが立てられず、しびれを切らし始めていた

 現在のところ、Appleは、出席に関するポリシーを説明したサイト上のセクションで、簡潔に「WWDCの基調セッション」に関して言及する以外は、例年のように、WWDCのオープニングを飾る基調講演が行われるのかどうかについて、明確な情報を公表していない。2008年のWWDCでは、最高経営責任者(CEO)のSteve Jobs氏が「iPhone 3G」の発表を手がけたものの、2009年に関しては、Jobs氏は6月末まで医療休養を取っており、出席を見合わせる可能性が高い。

 つまり、Jobs氏が早期の復帰を計画していない限りは、同氏の基調講演などないということである。とはいえ、なんらメディア向けイベントが計画されることなく、AppleがWWDC開催を決定するとは考え難い。とりわけ2009年は、iPhoneの最新モデルと「iPhone 3.0」最新OSのコンビネーションや、今後数カ月以内にリリースが予想される、次期Mac OS Xである「Mac OS X 10.6 Snow Leopard」に注目が集まると期待されている。

 さらなる基調講演に関する詳細な情報を求め、Appleの関係者に問い合わせてはみたものの、現時点では回答が得られていない。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。 海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加