音楽配信サービス「mF247」、ひろゆき氏の下で再始動--「ニコニコ色は出したくない」 - (page 2)

永井美智子(編集部)2009年03月26日 12時52分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 mF247 Episode2内には登録アーティストごとにページが開設される。アーティストが自分で内容を編集できるようにし、CDや着うた、グッズなどの販売もできるようにしていきたいという。また、通信カラオケに配信する際には現状、社団法人 日本音楽著作権協会(JASRAC)への著作権信託が必要になることから、この手続きを簡単にできるようにするツールも提供していくとのことだ。

 「ツールはどんどん提供していく。アーティストが曲を作ることでお金を稼げる環境を作っていきたい」(西村氏)

247MUSICの丸山茂雄氏とニワンゴの西村博之氏 247MUSICの丸山茂雄氏(左)とニワンゴの西村博之氏(右)

 サービス利用料はアーティスト、ユーザーともに無料だ。「いままではアーティスト登録料を1万円にしていたが、ひろゆきさんが無料にこだわった」(丸山氏)という。「無料であれば多くのアーティストが利用してくれるのではないか」(西村氏)という期待に基づくものだ。

 収益は、ニワンゴの親会社であるドワンゴの着うたサイト「dwango.jp」などでの着うた配信などであげる考え。ニコニコ動画のアフィリエイト広告「ニコニコ市場」の仕組みも活用するという。なお、mF247 Episode2のシステム開発は、ニコニコ市場を開発したエクストーンが手がけている。

 登録アーティストの審査は247Musicが担当する。ただし、サービスの企画や運営は西村氏に任せると丸山氏は話す。「(これまでのmF247は)成功したわけでない。……ということは、言いたくはないけど失敗したということ。アーティストの審査はするが、mF247を大きくするのはひろゆきさんに任せた。オヤジは口出さないほうが良いという結論だ」(丸山氏)

 なお、リニューアルにあたりシステムを作り変えたため、これまでmF247に登録されていた楽曲は残されていない。利用を希望するアーティストは、mF247 Episode2に新たに楽曲を登録する必要がある。3月26日時点での登録アーティスト数は41組、登録楽曲は77曲となっている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]