logo

アクトビラ、「まるまる映画」サービスを開始--角川、松竹など映画会社が5社共同で

加納恵(編集部)2009年03月25日 18時23分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 角川映画、松竹、東映、東宝、日活の映画会社5社は3月25日、共同でアクトビラでの映画配信サービス「まるまる映画」を開始すると発表した。日本映画をストリーミング配信で提供するという。サービス開始は3月26日となる。

 配信コンテンツは、5社が有する約1万2000本のライブラリから厳選した日本映画を提供するとのこと。毎月1日に6作品ずつ更新するという。

 視聴期間は1作品あたり48時間。HD作品が630円、SD作品が420円(ともに税込み)にて配信される。動画圧縮方式はH.264。ビットレートはHD作品が6Mbps、SD作品が3Mbpsになるという。

 第1弾として3月26日から「犬神家の一族(1976年版)」「汚れた英雄」(角川映画)、「CASSHERN」(松竹)、「バトル・ロワイアル」(東映)、「大学の若大将」(東宝)、「鷲と鷹」(日活)6本の配信をスタート。以降、5月1日には「大怪獣ガメラ」「極道の妻たち」などの作品を提供予定だ。画質は基本的にHDで配信されるとのこと。

-PR-企画特集