logo

秒間10枚の高速連写からパノラマ撮影まで--ソニー「Cyber-shot DSC-HX1」

加納恵(編集部)2009年03月25日 15時05分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニーは3月25日、10fpsの高速連写からパノラマ撮影まで、多彩な撮影機能を備えた「Cyber-shot DSC-HX1」を発表した。コンパクトデジタルカメラとして初となるCMOSセンサExmor(エクスモア)を内蔵する。発売は4月24日から。価格はオープンだが、店頭想定価格は5万5000円前後となる。

 撮像素子には、有効910万画素の1/2.4型CMOSセンサExmorを採用。高速読み出しというCMOSならではの特徴をいかし、秒間10枚の連続撮影を可能にした。コンパクトデジタルカメラながらメカニカルシャッターを内蔵することで、動的歪みも排除しているという。

 夜景や暗所など、撮影が難しかったシーンにおいても連写機能を利用することで高画質撮影をサポート。1回のシャッターで高速6コマ連写をし、ノイズの少ない部分同士を1枚に重ね合わせることで、低ノイズ、高画質で撮影できるという。また、手ブレに加え被写体ブレを抑えるとのことだ。

 さらに連写撮影の応用として、最大224度の広角パノラマ撮影も実現。シャッターを押しながらカメラを約3秒間ひと振りすると、連写しながら自動位置合わせによるパノラマ合成画像「スイングパノラマ」撮影ができる。

 これは高速読み出しのExmorと映像エンジンBIONZの高速処理により可能になるとのこと。横だけではなく縦振りすれば、縦長のパノラマ撮影にも対応する。

 本体にはフラッシュとステレオマイクを内蔵。3インチの液晶モニタはマルチアングルタイプとなる。1080/30pのフルハイビジョン動画撮影にも対応する。4Gバイトのメモリースティックを使用した場合、最大約2時間22分の撮影が可能だ。

 記録メディアにはメモリースティック デュオ/PROデュオ/PRO-HGデュオと11Mバイトの内蔵メモリを採用。本体重量は504g(電池含む)。

「Cyber-shot DSC-HX1」 「Cyber-shot DSC-HX1」

-PR-企画特集