デジタルアーツ、家庭用ルータ向けにフィルタリングサービスを提供

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 デジタルアーツは3月23日、バッファローのブロードバンドルータ向けに、家庭向けウェブフィルタリングサービス「i-フィルター for BUFFALO」を提供すると発表した。このサービスを搭載したバッファローの無線LANブロードバンドルータの新製品「WZR-HP-G300NH」は3月26日に発売される。また、以降の同社ブロードバンドルータに順次提供していくという。

 i-フィルター for BUFFALOは、ルータ経由でインターネットに接続するPCや携帯機器などについて、ウェブ閲覧情報を管理できるようにするもの。67のカテゴリ別に閲覧制限ができるほか、ルータに接続したそれぞれの機器について、フィルタリングをかけるかどうかを一括設定できる。

 たとえば、1台のルータを経由して利用する複数のネットワーク接続機器のうち、子どもが使うPCのみに対してフィルタリングを適用し、親の使うPCではフィルタリングをかけないといったことも可能だ。サービスは、申し込み後60日間は無料で、その後の使用料は1年ごとに3150円となる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加