logo

ケータイで検索した目的地をカーナビに転送--KDDIらが開発

松田真理(マイカ)2009年03月23日 16時54分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 KDDI、トヨタ自動車、ナビタイムジャパンの3社は3月23日、携帯電話で検索した位置情報をBluetooth通信によってカーナビゲーションに転送する情報連携プラットフォームを開発したと発表した。

 携帯電話からカーナビへの通信技術にはBluetoothのOPPプロファイル(Object Push Profile)を、位置情報を表示するファイル形式には国際標準規格のKML形式(Keyhole Markup Language)を採用し、汎用性を高めた。また、携帯電話からデータを受け取るカーナビを限定する、認証機能も備えた。

 KDDIとナビタイムジャパンが、Bluetooth通信によって携帯電話から位置情報を送信するシステムを共同で開発。トヨタは、Bluetoothで情報を受信し、目的地およびルート案内の設定をするカーナビ機能の開発を担当した。2009年上期には、このプラットフォームを活用して、KDDIの「EZナビウォーク」などで検索した情報をトヨタ純正カーナビゲーションに転送するサービスを提供する予定だ。

情報連携プラットフォームの利用イメージ 情報連携プラットフォームの利用イメージ

-PR-企画特集