logo

ベンキュー、PC市場に新規参入、第1弾は液晶一体型のデスクトップPC

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ベンキュージャパンは3月19日、日本のPC市場に新規参入し、第1弾として液晶一体型のデスクトップPC「nScreen(エヌスクリーン)」シリーズを4月中旬から発売すると発表した。価格はオープン。

 同社はこれまで海外市場でノートPCを販売してきたが、日本でPCを販売するのは今回が初めて。第1弾として、液晶サイズ18.5型の「i91」と、21.5型の「i221」の2モデルを発売する。

 2モデルとも、AMDが今春発表した超薄型ノートPCプラットフォーム「Yukon(コードネーム)」を採用。CPUにAMD Sempron 210U(1.5GHz)を採用し、高速データ処理と低消費電力化という相反する機能を高い次元で実現した。また、チップセット内蔵のグラフィックス「ATI RadeonTM X1200」も搭載。高画質化機能「ATI Avivoテクノロジー」によって、高画質な動画もスムーズに再生できる。

 本体右下にボタンを装備。ボタンを押して電源のオン/オフが行えるほか、ボタンを左右に回すとボリュームの調節が行える。また、側面のボタンで輝度調節も行える。このほか、130万画素のWebカメラ、2W×2のスピーカー、IEEE802.11b/g準拠の無線LAN機能などを搭載する。

 おもなスペックは、1GBメモリ、160GBのHDDを搭載。OSはWindows XP Home Edition SP3 正規版。なお、光学ドライブは非搭載で、オプションとなる。実勢価格は18.5型の「i91」が4万9800円前後、21.5型の「i221」が5万9800円前後の見込み。本体カラーは「i91」がグロッシーブラック・ホワイトのツートン、「i221」がグロッシーホワイト。

ベンキュージャパン=http://www.benq.co.jp/

-PR-企画特集