logo

マイクロソフト、「Internet Explorer 8」正式版をリリース

文:Ina Fried(CNET News.com) 翻訳校正:編集部 2009年03月20日 01時11分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

UPDATE ラスベガス発--Microsoftが「Internet Explorer(IE) 8」の開発を終え、米国時間3月19日に正式版の提供を開始した。

 「Firefox」などのライバルにシェアを奪われるなか、Microsoftはユーザーの中でもとりわけIEの旧版を利用している人々に、新版を体験してもらいたいと考えている。

 マーケティング活動の一環として提供された動画の中でMicrosoftは、インターネットの歴史を振り返り、「Accelerator」やプライベート閲覧モードなど、ブラウザの新機能を披露している。Acceleratorは、ブラウズ中に発生する作業を、他のウェブページに移動することなく処理できる機能。

 このビデオは、MIX 09イベントでのブラウザの正式発表に先立って公開された。また正式版のIE8もMicrosoftのウェブサイトで提供が開始されている。

 IE担当ゼネラルマネージャーのDean Hachamovitch氏は「MIXでこれをリリースしたのは、みなさんや開発者がこれで何を作り出すか見たかったため」と述べ、新ブラウザのデモを開始した。同氏がデモで喧伝したのは、クリックジャッキング対策機能などのマルウェア対策だ。

Dean Hachamovitch Dean Hachamovitch氏
提供:Ina Fried/CNET

 Hachamovitch氏はまた、集まった多くのウェブ開発者に対し、かなり多くの時間を割いて、IE8を旧版よりもずっと標準に準拠させるためにとったMicrosoftの動きについて話した。

 IE8の最大の弱点は、その処理速度にある。Microsoftは2つの方法で処理速度に対する注目をそらそうとしてきた。まず、同社は動画を先週公開し、IE8は多くのケースにおいて、他のブラウザより高速に主要なウェブサイトを表示すると述べた。次に、平均的なユーザーにとって、速度の違いは大きな問題でないことをアピールした。

 Microsoftのシニアディレクターを務めるAmy Barzdukas氏は18日、インタビューに応じて「多くの場合、一瞬のわずかな速度の差を争っている。このわずかなスピードの差が影響力をもってしまっている」と述べた。

 IE8は、「Firefox」だけでなく、GoogleやAppleなどとの競争も激しくなる中でリリースされることになる。Net Applicationsが測定しているIEの世界ベースのシェアは、2004年は90%だったが、2008年末には70%をわずかに上回るレベルまで減少している。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

-PR-企画特集