ひと周り小さくなったソニーの3.5インチのポータブルナビ「nav-u NV-U3C」

加納恵(編集部)2009年03月18日 16時41分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニーは3月18日、ポータブルナビ「nav-u」シリーズにおいて、3.5インチ液晶を採用し小型化した「nav-u NV-U3C」を発表した。コンパクトボディにすることで、小型車、軽自動車、自転車などへの搭載を狙う。発売は4月21日から。価格はオープンだが、店頭想定価格は3万7000円前後。

 本体サイズは高さ78mm×幅106mm×奥行き17mm、重量157gと小型・軽量ボディを実現。液晶モニタは3.5インチのTFTアクティブマトリックスタイプで、現行のnav-u同様にタッチパネルで操作できる。

 内蔵の4Gバイトメモリには、住所検索データ約3400万件、施設検索データ約1000万件、電話番号検索データ約1000万件の検索データを収録。約1万2600件の「グルメぴあ」「全国立ち寄り温泉」などのガイド情報を内蔵したほか、地図情報サイト「PetaMAP」にも対応している。

 また、都市高速入り口や交差点などのポイントでは3Dのガイド画像や方面看板が表示されるなど、ドライバーサポート機能を備えたほか、徒歩の低速移動時でも進行方向を検知し画面上に表示する「徒歩モード・プラス」を搭載。徒歩移動や自転車移動などの際も利用できるとのことだ。

 GPSレシーバーを本体内蔵するが、「自律機能POSITION アシスト」機能にも対応しているため、トンネル内などGPS受信が困難な場所でも進行方向やスピードから自車位置を予測して、表示を続けられるという。

 内蔵バッテリで約4時間の使用が可能。特殊なゲル素材を採用したクレードル「ピタッと吸盤」が同梱される。クレードルには同梱品のほか、24Vにも対応したカークレードルキット「NAV-CU7J」(市場想定価格:5000円前後)と、自転車用クレードル「NVA-BU1」(市場想定価格:5000円前後)がオプションとして用意されている。

 ボディカラーはシルバー、ピンク、ホワイトの3色を用意。メモリースティックデュオスロットが搭載されているが、再生可能ファイルは静止画のみとなる。

「nav-U NV-U3C」 「nav-U NV-U3C」。写真左からシルバー、ピンク、ホワイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加