トリプレットゲート、iPhone/iPod touch向けの公衆無線LAN接続専用ソフトウェアを提供開始 - (page 2)

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 今回提供を開始したWGConnectは、ワイヤレスゲートサービスの利用に必要なESS-IDやWEPキーの登録、IDやパスワードの入力を必要とせず、ワイヤレスゲート接続エリアに入ると自動的にインターネット接続するというもの。なお、初回のサービスエリア情報ダウンロード時のみ、ワイヤレスゲートのIDとパスワードの入力が必要となる。

 ワイヤレスゲート接続可能エリアは、PlaceEngineやGPS情報などを活用し、現在置を中心として画面に表示する。一般アクセスポイントの登録 自宅やオフィスなどの一般アクセスポイント情報も登録でき、無線LAN接続の一元管理が可能となっている。

 今後は、アプリケーション上に動画コンテンツやショッピングコンテンツなど、iPhone/iPod touchに適したコンテンツを配置し、ポータル機能の追加を予定。また、現在地情報に基づく広告配信も予定している。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]