logo

アップル、iPhone Developer Programのライセンス期限を延長

文:David Martin(CNET News.com) 翻訳校正:編集部2009年03月16日 12時11分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 複数の報道によると、Appleの開発者らは「iPhone」の開発ライセンスの更新に苦労しているという。Appleは米国時間3月13日、開発者らに良い知らせを伝えた。すべての開発者のライセンスが7月11日まで延長されたのである。この日付は「App Store」のオープンから1年にあたる。

 さらにAppleは、ライセンスの更新が5月に始まる予定であると発表した。iPhone Developer Programの期限切れの60日前である。開発者は電子メールでこの知らせを受け取った。

 開発者に送られたメッセージは下記の画像のとおりである。

iPhone Developer Programのライセンス延長

 CNET NewsのTom Krazit記者によると、App Storeの最近の成長は驚異的で、リストに掲載されているアプリケーション数は2万5000本以上という急速なペースで成長を続けているという。この成長が目覚ましいため、Appleはこれについていくことに苦労し、App Storeにおける解決すべき問題がいくつか残されていた。

 開発者はやっと胸をなでおろすことができる。なぜなら、Appleが最終的に問題を何とか解決し、開発者を満足させたからである。結局のところ、開発者のライセンスが突然期限切れにはならないだろう。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

-PR-企画特集