PtoPで映像を視聴できるソフト「KeyHoleTV」にMac OS X版が登場

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 コグニティブリサーチラボは3月6日、超低負荷型双方向PtoP通信ソフトウェア「KeyHoleTV」のMac OS X版、「MacKeyHoleTV」を公開した。

 KeyHoleTVは、映像の配信ソフト「KeyHoleVideo」(Windows版のみ)と組み合わせることで、PtoP通信で音声映像を試聴できるソフトウェア。すでにWindows版とWindows Mobile版、Linux版が提供されていたが、これに今回Mac OS X版が追加された。いずれも無料で使用できる。

 KeyHoleVideoがインストールされた配信側のPCにテレビチューナーやウェブカメラなどの映像ソースを接続すれば、ソニーの「ロケーションフリー」のように、KeyHoleTVで映像を受信できるようになる。両ソフトはインストール時に、端末の固有IDを使って自動でアカウント登録されるので、ユーザー登録などの作業は一切必要がない。

 KeyHoleTVを起動すると、試聴可能な番組一覧が表示され、選択すると映像を試聴できる。配信されているすべての番組が表示されるので、ユーザーが独自で番組を放送する“場”として活用することも考えられそうだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加