東芝、「おまかせドンピシャ高画質」搭載の「REGZA 22A8000」

加納恵(編集部)2009年03月12日 17時53分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 東芝は3月12日、液晶テレビ「REGZA」シリーズにおいて、22型の「22A8000」を発表した。映像を自動調整する「おまかせドンピシャ高画質」機能を備える。発売は4月下旬から。価格はオープンだが、店頭想定価格は8万5000円前後となる。

 22A8000は、独自の映像処理システム「新メタブレイン・プロ」を採用し、視聴環境に応じて映像を自動調整する「おまかせドンピシャ高画質」機能を内蔵。日の出、日の入りの時間や室内の明るさに応じて、テレビ側が最適な明るさに調整してくれるという。東芝では、暗い室内では映像の明るさを落とすため、消費電力の削減にもつながるとしている。

 ボディカラーは、ムーンブラック、ルーチェホワイト、サクラピンクの3色を用意。大きめのチャンネルボタンを採用した「シンプルレグザリモコン」を付属する。

 搭載チューナーは地上アナログ×1、地上アナログ×1。HDMI入力端子を2系統のほか、D4映像入力を1系統、ビデオ入力2系統を備える。

「REGZA 22A8000」 「REGZA 22A8000」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加