logo

「サウスウエスト航空のサイトが3月13日、Confickerに狙われる」--ソフォスが警告

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソフォスは3月10日、Confickerワームがテキサス州の航空会社サウスウエスト航空を含む複数の正規サイトを攻撃することが予測されるとして、注意喚起した。事実上のDDoS攻撃に繋がる可能性があるとしている。

 SophosLabsのエキスパートによると、Confickerワーム(別名:Downadup)が3月13日の金曜日に、サウスウエスト航空が保有する「wnsux.com」というURLにアクセスしようとするという。このURLは同社のプライマリアドレスである「southwest.com」にリダイレクトする。これによりアクセスが集中し、同社の業務に障害が発生する可能性があるとのことだ。

 ソフォスは、Confickerが3月に実行する予定のリストに載っている、サウスウエスト航空を含む正規のドメイン名の所有者に連絡を取り、不要なトラフィックの影響を受けないようにする方法を助言したという。なお、Confickerワームをめぐっては、Microsoftが作者の逮捕と有罪判決に繋がる情報に25万ドルの賞金を出すと表明している。

-PR-企画特集